切削加工 Q&A

<切削工具 面取り工具のナイスカットロゴ
センターリング切削工具C面取り切削工具R面取り切削工具座グリ加工切削工具フェイス加工切削工具卓上型面取り機ハンディ面取り機スリーブ在庫限り切削工具切削工具・部品・スローアウェイチップ
センターリング切削工具C面取り切削工具R面取り切削工具座グリ加工切削工具フェイス加工切削工具卓上型面取り機ハンディ面取り機スリーブ在庫限り切削工具切削工具・部品・スローアウェイチップ

切削Q&A

Q.加工に適した条件とは?

A.
各製品における推奨切削条件は、製品情報の【詳細】に掲載しておりますのでご参考ください。 尚、ご使用の機械の剛性等により切削条件は変動いたしますので、いくつかの条件でお試しになることをおすすめいたします。 【計算式はこちら】 【加工データはこちら】

Q.チップがクランプできない・チップがとぶ

A.その1
ロックピン疲労によるクランプ不足が考えられます。ロックピンを交換してください。

A.その2
ロックピンクランプ位置不良が考えられます。チップのかかりが浅いと正常に加工できないことがあります。 ロックピンを適正な位置でクランプしてください。

Q.チップがかける

A.その1
偏心ロック方式の製品において、チップが逆締めになっていませんか?正規の方向に締めてください。

A.その2
チップの押さえネジやクランプ駒が必要なカッターについては、これらを装着してください。

A.その3
GURタイプチップ使用時においては、刃先強度不足が考えられます。MORタイプチップをお試しください。

A.その4
超硬チップ使用時においては、回転数不足が考えられます。回転を上げてみてください。

A.その5
チップの靭性不足が考えられます。NK2001→NK3030→NK2020→HSS、またはNK8080→NK5050→NK1010→HSSの順にお試しください。

Q.チップの磨耗が早い

A.その1
チップの硬度不足が考えられます。HSS→NK2020→NK3030→NK2001、またはHSS→NK1010→NK5050→NK8080の順にお試しください。

A.その2
切削熱による高温により硬さが低下していることが考えられます。回転(周速)を下げるか、切削油をかける、または チップをサーメットかコーティングチップに変えてみてください。

A.その3
ステンレス加工時において、送りが小さいために表面硬化部を削っている可能性があります。送りを上げてみてください。

Q.二次バリが出る

A.その1
回転に対する送りが大きいことが考えられます。回転を上げるか、送りを下げてみてください。

A.その2
刃先が磨耗して切れ味が鈍くなっていませんか?チップコーナーを変えてみてください。

A.その3
アルミ・ステンレスの加工に対して、ホーニングエッジタイプのチップを使っている場合は、シャープエッジタイプのチップに変えてみてください。同様に、MOR・MOZタイプのチップを使っている場合は、GURタイプのチップに変えてみてください。

A.その4
乾式加工による切削熱の影響も考えられます。湿式加工でお試しください。

Q.ビビリが生じる

A.その1
切削条件が大きすぎることが考えられます。回転・または送りを下げてみてください。

A.その2
工具の突き出し量が多いことが考えられます。工具の突き出し量を少なくしてください。

A.その3
チップの刃先形状がワークに合っていないことが考えられます。シャープエッジをお使いの場合はホーニングエッジに、 ホーニングエッジをお使いの場合はシャープエッジに変えてみてください。

A.その4
MORタイプチップをお使いの場合は、GURタイプチップに変えてみてください。

Q.加工面が良くない、ワークがむしれる

A.その1
切れ刃振れ精度の不良が考えられます。精度調整・修理をご依頼ください。

A.その2
アルミ加工時において、ホーニングエッジタイプのチップを使っている場合は、シャープエッジタイプのチップに変えてください。

A.その3
MORまたはMOZタイプチップをお使いの場合は、GURタイプチップに変えてみてください。

A.その4
乾式加工による切削熱の影響も考えられます。湿式加工でお試しください。

Q.加工精度が良くない

A.その1
偏心ロック方式の製品において、チップが逆締めになっていませんか?正規の方向に締めてください。

A.その2
チップが裏表逆になっていませんか?正規の向きにクランプしてください。

A.その3
プログラム数値に間違いはありませんか?数値を確認してください。

Q.卓上面取り機で薄板が加工できない

A.
ガイド板の隙間が大きいことが考えられます。薄板用ガイド板に交換してください。